FC2ブログ

2008.8.9から8.22 天窓編 (世羅町甲山教会)

9-30-1.jpg
2008.8.9
補強鉄骨はちょうど広間の間仕切りとなります。

9-30-2.jpg
だんだん間仕切りの垂壁が出来てきた…

9-30-3.jpg
2008.8.22
この間にお盆休みを越えました。後でご紹介しますが、奥の和室も大改修中 !!
で、広間に戻って、今日は残っていた天井の一角。
何やら光が…

9-30-4.jpg
覗いてみると、あらっっ、穴が開いてる

9-30-5.jpg
という訳で、天窓用の穴が出来たんですね。屋根に上がってみると、ちょうど板金屋さんと打ち合わせ
中でした。雨漏りしないようにしっかり防水対策しなくちゃね。
スポンサーサイト



2008.8.4~8.6 (世羅町甲山教会)

9-26-1.jpg
2008.8.4
いつの間にか外壁の下地塗りが終わっていました。
だいぶ外がすっきりしたなぁ

9-26-2.jpg
っと思って玄関の中を見ると、あ゛~ 2日間忙しくて現場をのぞきに行かなかったら、もう階段がで
きてる~ 写真撮れなかった~ ヘタコイタぁ

9-26-3.jpg
きっとすごくいい写真が撮れると期待してたのに…グス
と言うわけで、1.5間の桧の階段が出来ていました。
もうきれいに養生してあるので、皆さんにお披露目できるのは当分先になりそう…

9-26-4.jpg
2008.8.6
階段がかかって俄然現場の出入りが楽になりました。階段ってすごいな。
受付のカウンター(松板)が出来てますね。

9-26-5.jpg
広間の中央の鉄骨補強した部分に間仕切りの垂壁が付きます。
ここは6枚の引き分け扉が付く予定。

2008.7.29~8.1 8月に入ったぞ編 (世羅町甲山教会)

9-24-1.jpg
2008.7.29
外では、左官さんがラス板下地に防水役のフェルトを張って、その上にラス網を張っている所でした。

9-24-2.jpg
中では暑い中、大工さんも頑張ってます。
玄関横の受付と給湯室の下地。

9-24-3.jpg
一段高い正面の段のあたり。
真ん中の桧材は、元々ここにあった祭壇の一部を再利用。

9-24-4.jpg
2008.8.1
ここから8月に入りました
次に挑むのがこの階段。約3mの巾の階段なので、大工さんが手できざんで組みます。
一般住宅の場合は、建材屋さんがプレカットしてくれるので、きざみは不要なんだけど…

9-24-5.jpg
壁下地が進むと、電気屋さんがスイッチやコンセント等の配線に来てくれました。
元の廊下だったところは屋根の関係で天井が一段下がってますね。

2008.7.24~26 天井ボードまで (世羅股甲山教会)

9-22-1.jpg
2008.7.24
玄関のあたりを見ると、新しい玄関が出来つつありました。
0.5間ほど前に出して、今度は玄関サッシ付き。風を防げるので、冬には暖かそうだね。

9-22-2.jpg
2008.7.26
ハキダシサッシ側も外壁下地がだいぶ進んでいました。
元のハキダシ2組は、この後の工事で復活する予定。

9-22-3.jpg
内部は天井木下地ができて…

9-22-4.jpg
断熱材をいれて、クロス下地のボードを張っているところ。

2008.7.23 暑い暑い編 (世羅町甲山教会)

9-20-1.jpg
2008.7.23
床が出来るとぼちぼち電気屋さんの出番。天井を張る前に配線をします。
もうこの頃になると夏も本番 も~現場も暑っい !!

9-20-2.jpg
これから天井下地かな?

9-20-3.jpg
一方、加工場では桧の階段材の加工ができました。塗装をかけている最中。

9-20-4.jpg
ふと壁の温度計を見ると、あ~ん35度もある… 熱中症にならないようにご用心

9-20-5.jpg
汗まみれで塗装が完了 はぁ~

2008.7.18から21 床の下地編 (世羅町甲山教会)

9-17-1.jpg
2008.7.18
鉄骨が入って気分が落ち着いたところで、ここから大工さんの奮闘始まり始まり…
まず、壁際に木取(きとり)を打って、大引(おおびき)を入れていきます。
ちなみに、写真中央の白丸は心霊写真じゃなくて、漂っているゴミが写ったもので~す

9-17-2.jpg
たくさん並んだ束石のある所に床束(ゆかづか)を立てて、大引を支えます。
オレンジ色は防腐と防蟻材の塗料

9-17-3.jpg
全体にできた頃。この上に小根太(こねだ)を並べて…

9-17-4.jpg
その上に構造用合板を打ったら、床下地の完成

2008.7.17 鉄骨補強編 (世羅町甲山教会)

9-15-1.jpg
2008.7.17
既存の柱の傷みが予想以上だったのと、柱を抜いて部屋をひろく使うために、鉄骨を入れて補強
することになりました。 H鋼と鉄骨の柱が登場

9-15-3.jpg
入り口が狭いので、鉄骨屋さん特製の台車に乗せて運びます。
長い方が6mあって、重さは200kgくらいだそーです。

9-15-2.jpg
元の柱を抜いて… う~ん、抜こうと思うとなかなか抜けない !!

9-15-4.jpg
鉄骨の柱を両側に立てたら、最後に梁の役目となる鉄骨を上げます。
って言ってもレッカーが入れないので、こういう時はチェーンブロックを
使って、人力で頑張ります

9-15-5.jpg
取付位置まで上がったぞ~ !!! 急いでボルトを挿して、固定します。
これを2組取り付けて、これで安心して作業ができるね。

2008.7.14 いろいろ準備編 (世羅町甲山教会)

9-12-1.jpg
2008.7.14
3日間過ぎて今日から現場再開。
まず、元のハキダシサッシの下にあった縁框が傷んでいたので、残してあったのに結局撤去。
また土壁が落ちてしまいました…

9-12-2.jpg
午後になると大工さん登場。座を造るための水平を決める墨付けをしているところ。
昔は水盛り管を使ってたんですよ。

9-12-3.jpg
床の束が降りる位置に束石をセットしました。すごいいっぱいで、腰がイタイ

9-12-4.jpg

2008.7.11 土間コンクリート編 (世羅町甲山教会)

9-10-1.jpg
2008.7.11
これからいよいよ土間コンクリート打ちです。総勢6人で臨みます

9-10-2.jpg
厚さ平均で12cmくらい打っていきます。

9-10-3.jpg
半日がんばって打ったところ。はぁ~…皆さんお疲れ様…

9-10-4.jpg
反対側から見たところ。これで下からの湿気がかなり防げます
足元もしっかりしました。

2008.7.10 土間配筋編 (世羅町甲山教会)

9-8-2.jpg
2008.7.10
きれいに解体できたらさっそく土間コンクリートの準備。
これは砕石を敷き込んでいるところ。広いので、運ぶのも大変

9-8-3.jpg
均した後は機械で締め固めします。ダダダ……

9-8-4.jpg
湿気が上がるのを防ぐためのシートを敷いて、ここで鉄筋が登場。(この頃鉄筋も値上がりがキビシイ
です…

9-8-5.jpg
だいぶ配筋ができました。

9-8-6.jpg
基礎に差し筋してしっかり固定してます。
これで土間コンクリートの準備完了。

2008.7.9 今日は床の解体編 (世羅町甲山教会)

9-6-1_20080906190210.jpg
2008.7.9
天井・壁の解体に続いて次は床を解体します。まずは畳を処分。広間だけあって30帖以上あっ
たかな? 畳は畳屋さんに処分をお願いします。

9-6-2.jpg
座板、小根太、大根太、束(つか)と、どんどん壊す
床下がとっても高い。

9-6-3.jpg
束はブロックの上に置いてあったんですね。こんなにたくさん…

9-6-4.jpg
写真を撮る間もなく、階段が壊されていた。
かなり急な段だったことがよく分かりますね。

9-6-5.jpg
ブロックを取ってきれいにお掃除。今日の暑い戦いはこれでおしまい

2008.7.8 怒涛の解体編 (世羅町甲山教会)

9-3-1_20080903183230.jpg
2008.7.8
今日からいよいよ工事が始まります。 の前に押入れとか不要物のお片づけ。
リフォームにはまずこの作業がとっても大切。このチャンスに、今までなかなか思い切れなかったもの、
でも絶対使わない物は処分してしまいましょう

9-3-2.jpg
元の祭壇は、また利用するので、大事に解体。

9-3-3.jpg
そしていよいよ始まったぁ まずは天井板を落として…

9-3-4.jpg
続いて建具の上の壁。土壁の解体はもの凄い土ぼこりで、も~大変

9-3-5.jpg
小屋組が見えて来たところ。汗とほこりまみれの解体はまだまだ続く………

2008.7月 甲山教会 (世羅町甲山)

長いこと夏休みをしてしまいました 今日から新しい現場の紹介を始めようと思います。
甲山教会改修工事
 ということで、今回は住宅ではなく教会の改修です。畳敷きの広間を洋風に変えて、廊下部分を無くして、できるだけ広く、そして明るくしたいというご要望です。

9-2-1.jpg
2008.7月
玄関部分。ここは玄関扉を新設して、タイル張りにする予定。

 9-2-2.jpg
階段が急なので、段数を増やして手すりを設け、とにかく昇り降りを少しでも楽に。

9-2-3.jpg
正面は元の祭壇部分。このあたりは同じように一段高い板の間にするそうですよ.

9-2-4.jpg
ここは受付。やはり受付をとり、簡単な流し台も設置します。
窓はかなり変えます

9-2-5.jpg
廊下のハキダシサッシは新しいものに取替え。垂れ壁もなくなっちゃいます。
次回は怒涛の解体に突入。お楽しみに……